スポンサード リンク

カラスの悩み カラスの知識 カラス対策

サブメニュー

カラス駆除の方法

繁殖期になるとカラスは攻撃的になり、人を襲うこともあります。一時的なものとはいえ、小さなお子様がいらっしゃる方などは心配なことでしょう。

しかし、カラスを勝手に死傷させるという行為は鳥獣保護法という法律で禁止されていますので、殺さずにカラスを追い払う方法等をいくつかご紹介します。

駆除方法1.テグス糸

カラスは足が絡まる可能性のある、見えにくいテグス糸を嫌います。ベランダなどにカラスが飛来して困っているという方はテグス糸を張り巡らせてみましょう。

駆除方法2.CDを吊り下げる

カラスは大変視力が優れた鳥です。CDを反射させて眩しくさせることでカラスにダメージを与えます。しかし、ずっと同じ場所に吊り下げているとカラスは学習して、反射光が当たらないように行動するので、定期的に場所を移動させるなどの工夫が必要です。

駆除方法3.カラスを増やさない

カラスは3月頃になると巣作りを始めます。木の高い所などに巣を作ることが多いのですが、エサの調達が可能な場所を好みます。そのため、カラスのエサになるようなものを置かないことが対策のひとつです。

外で飼っているペットにエサやりをしたら、そのまま放置することはやめましょう。また、ゴミ置き場もカラスよけの対策が必要です。

駆除方法4.役所に相談

繁殖期のカラスは警戒心が強いため、人を襲うことがあります。そのような被害が頻繁にある場合には最寄りの役所に相談しましょう。繁殖期に巣を撤去することでカラスの攻撃もなくなります。